読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

402号室の鏡像

あるいはその裏側

『オナニーマスター黒沢』を読んで

キャッチャー・イン・ザ・トイレット!  (双葉文庫)

キャッチャー・イン・ザ・トイレット! (双葉文庫)

 ついにあだむさんはおかしくなったか。エロ漫画を紹介するようになったか。

 いやそんなこと無いんですよ。とはいうものの昨晩、僕は眠れない夜の睡眠導入剤として適当に読めるウェブ漫画あるいは今晩のオカズにでもなりそうなえっちな漫画でも探していた。

 元々手軽に読めるウェブ漫画という類は大好きで、色々ネットに溢れているものを手当たり次第に読んでいた時期があった。だからあまりにも珍妙な題名を冠しているこのウェブ漫画が評判を博している事を一応は知っていて、、最初は僕も奇怪な思いで見ていた。「オナニーマスター?なんだそりゃ?」と言う具合に題名だけで偏見を持っていた。多分、僕のような人間は多く存在していて、このブログを読んでくれている大多数の人もそう思っているのだろう。だからとりあえずは断言しておきたいと思う。

 『オナニーマスター黒沢』は最高の青春漫画(小説)であると言うことを。

その日も僕は、学校の女子トイレで自慰に耽っていた。
特殊な性癖を持つ中学二年生、黒沢翔。
放課後の女子トイレでの「日課」だけを生きる糧としていた彼だったが、
二年目の終業式を前にして、現場付近の廊下で女子生徒と遭遇してしまう。女子生徒の名は北原綾。
三年生の一学期、教室で再会した彼女は、悲惨なイジメにあっていた。
そしていつしか黒沢は、北原の奇妙な復讐計画に巻き込まれていく。
中学校を舞台に、二人の「性戦」が始まる!

オナニーマスター黒沢

 この物語は、女子トイレで毎日オナニーをすること以外に価値が見いだせない少年が、ふとしたことでイジメから始まった様々な事件に巻き込まれていく話である。どこか某新世界の神やブリタニアだかなんだか皇子を彷彿とさせるクールな物言いとカリスマ性溢れる台詞を吐く黒沢だがやってることは純然たる変態オナニーで、普段からクラスメイトの女の子に劣情を催し、あろうことか女子トイレでぶっかけるろくなやつではない。彼は教室において空気と同様な存在だ。運動も勉強も容姿も平均的。決してクラスのスターになることもないし、イジメの対象に選ばれることはない。突出もせず、ただ灰色の青春生活を自慰行為に費やしている。でもそれでよかった。それが彼にとっての幸福だったから。

 だがそんな彼が、クラスにおいてイジメを受けている女子生徒、北原綾に出会ってしまい、彼女から持ちかけられる「取引」によって、イジメに対する復讐劇に加担していく。

 ただ、この復讐劇を通して変わっていくものがある。それはこの孤高のオナニストである黒沢翔に他ならないのだ。
 灰色の青春時代を送っている黒沢が出会う悪意、恋愛、友情、そして自分の殻からの脱皮、そして何より、イジメからの救済。僕らの周りにも溢れているマイノリティや、ほんの些細な日常の中にある恋愛沙汰、受験を通しての悩みなど、大人からしてみれば些事にしか過ぎない。だけれど中学生――思春期のさなかにある少年少女たちにとっては非常に大事なことで、通り過ぎなければならない通過儀礼だ。誰もが傷つき、傷付けあい、知らず知らずのうちに思春期の狭間でもがき、悩みに悩んでいる。DQNとオタク、オタクとオタク、DQNDQN。クラス内スクールカーストを味わった人間なら身にしみて心が痛くなってしまう程にリアルな学生社会の現実が事細かに書かれているとは、不覚にも僕は動揺しながら、先に読み進める手が止まらなかった。
 
 オナニー、と言うただ一つのファクターで捉えてしまうにはあまりに勿体無いものがこの物語の中にある。僕がこの物語の最後を読み終わった後は、例えばサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を読み終えたような清涼感が心の中に漂っていた。途中で手が震えて読むのをやめてしまいそうになるくらいに心抉られる展開が幾つもあって、何処かシニカルにものを捉える黒沢に僕が似ていると思ってしまうのもあって、ぽっかりと穴が開いたような読後感が、僕を今の今まで完全に支配していた。

 この物語は初出が小説で、そのあとウェブ漫画として公開されてからボイスドラマ化したのらしいのだが(ちなみにこのボイスドラマ、黒沢の妄想シーンも鮮明に再現されている。女性声優の熱演に大喝采。エロい)僕はまだ漫画の方しか読めていない。『キャッチャー・イン・ザ・トイレット』という名前で書籍化し一般販売もされているのだが、書籍化においてサリンジャーを意識したタイトルになっているのももはや偶然ではないだろう。まさにこの物語は青春の刹那を切り取ったかのような甘酸っぱさと、イジメに対する断罪の快感、そして、贖罪の禊などあらゆる要素が含まれている大傑作だ。

……いや、ぶっちゃけ前半はスゲーアホ臭いんだけどね?