読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

402号室の鏡像

あるいはその裏側

『タイムクラッシュ 超時空カタストロフ』なんて映画がありましてね

今週のお題「ふつうに良かった映画」

タイム・シーカー EMD-10030 [DVD]

タイム・シーカー EMD-10030 [DVD]

「歴史的大事件の写真に、同一人物が写り込んでいる」という内容の映画をずっと思いだせないでいて、中学生だか高校生の時に午後ローで見ただけの映画という記憶しかなかったくせに頭の中に引っかかっていたので、いざ検索してみたら見つけた。『タイムシーカー』という原題でDVDもその題なのだけど、道理で見当たらないわけだ。なにせ僕がテレビで見た時は『タイムクラッシュ 超時空カタストロフ』とかいうめちゃくちゃボンクラ感満載でカックイイ題名に変わっていたという始末。後で知ったんだけど、これはテレビ向け映画で、劇場公開されたわけではなかったらしい。だから大体的な話題になっていないのね。

 タイムスリップが一般化した未来世界から、歴史的大事件観光ツアーがやってきて、そいつらが色々悶着起こしているうちに主人公達が巻き込まれて、主人公達の活躍で未来の時間軸が変わってしまう。それで派遣された未来エージェントに追っかけられているうちに、現代人未来人両方から主人公達が追われていく――というお話なんだけど、こいつが結構面白かったと記憶している。タイムスリップ映画と言えば『ターミネーター』とか『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が有名だけれど、この作品は奇を衒った感じではなく、タイムスリップの基本を押さえたスタンダードな感じなので非常に見易いし、大きな矛盾もなくて更にはジェットコースター的展開の連続なので、見てて全然飽きない。おすすめの映画です。

 これを機会にもう一度見返してみようかな……とか思ったら、なんかDVDの値段高騰してるんですけど!ブルーレイで出して、どうぞ。