読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

402号室の鏡像

あるいはその裏側

『サイバーネット』観たよ

サイバーネット [DVD]サイバーネット [DVD]
ジョニー・リー・ミラー,アンジェリーナ・ジョリー,フィッシャー・スティーブンス,イアン・ソフトリー

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
売り上げランキング : 139400

Amazonで詳しく見る by AZlink

 11歳の天才ハッカー、デイドは、ウォール街のコンピュータをクラッシュさせ、FBIのブラック・リストに挙げられた。18歳になった彼のまわりには、コンピュータを自由自在に操る連中が集まり、高校生活をエンジョイしていた。ある日仲間がハッカー・キングと呼ばれるプラハにはめられ、犯罪の片棒を担がされてしまう。デイドらは、サイバーネットを使って、世界中のネット仲間を集め、反撃に転じる。ネットワーク上での、激しいバトルが始まった。

サイバーネット - Wikipedia

 このあらすじを読んで少しでも自分の中の中学二年生が疼いてしまった諸君、悪い事は言わないのでこの映画を見ましょう。男子なら誰しもがインターネットの魔術師となり、画面の向こうのアホどもを手玉に取る妄想をしたはずだろうけど(そりゃそうだよな?)、この映画はそうした中学生男子の妄想をダイレクトに具現化した内容となっていてそこが凄く楽しい。とにかく楽しい。まず最初から、テレビ局に侵入して自分の観たい番組に取り換えようとした主人公が、待ち構えてきたもう一人のハッカーと一対一で電脳バトルするシーンから大盛り上がりだし、後は学校生活でハメられたお返しに、学校のスプリンクラーをいじって相手をびしょ濡れにさせるとか、天才技術をティーンエイジャーらしい動機で使いまくるのも厨二病的にアガるシーンが多い。ローラーブレードで登校とか、ハッカー仲間とラップトップを開き合ってお互いに作戦を練るとか、ティーンエイジャーのライフスタイルに電脳空間が直結しているのと、そもそも彼らがハッキングという犯罪に手を染める理由が「カッコいいから」「箔が付くから」というのもまったくもって少年少女らしいし、警察がライフル持って踏み込んできてもビビるだけで何にも反省してなさそうな所がまったくこいつらときたら!って感じにさせてくれる。ハッカー仲間がお互いをハンドルネームで呼び合うのもまた、周囲とは違う特別な能力を持つもの同士、自分達を評価し合っている表れともいえるし、そういう思春期的描写と痛快なハッキング行為が巧くかみ合っていて、観ていて凄く気持ちが良い。

 そもそも、かつてウォール街をハックした伝説の存在『ゼロ・クール』としてハッカー仲間の間で崇められている主人公の設定からして、滅茶苦茶カッコ良いんだけど、やっぱり「異名」と「決め台詞」があるだけで随分とカッコ良さがキマってくる。こういう所が非常に少年漫画的というか、直感的に見てて楽しいなと思わせるので、こういう所でサイバー的、SF的難解さをグッと中和出来ているんだと思う。ジャンル分けするなら『スモール・ソルジャーズ』や『グーニーズ』みたいな少年少女が協力して戦ったり冒険したりするような映画で、こういうジャンルが好きなボンクラ厨二諸君には非常にオススメ出来る映画。ちなみに、アンジェリーナ・ジョリーのデビュー作で、彼女のロリおっぱいが拝めるのでそういう意味でもまた。

どうやら日本放映版には緒方恵美三木眞一郎が出ている吹き替え版があるらしいのだけど、DVD版には収録されていない哀しさ。ブルーレイで出てくれたら再録してくれないかしら。