読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

402号室の鏡像

あるいはその裏側

ISF3お疲れ様でした。お礼とあとがきの代わりに。

 ISF3参加された方、一般サークルの両方ともお疲れ様でした。

 今回も相変わらず、仕事なので不参加でしたが僕の寄稿させていただいた二作品とも大盛況だったようで何よりです。買っていただいた参加者の皆様、本当にありがとうございました。あまりツイッターでは作品の内容を語っていないので、せっかくなので本編では語っていない作品の後書き的なものを書かせていただきます。

 まず、サカミネさん主催の「七尾百合子カップリングSSアンソロジー『百合の百束』」に寄稿させていただいた『涙の跡が乾く前に』という作品のお話。
www.pixiv.net
 とにかく、メジャーな組み合わせは僕でなくとも誰かが書くと思ったので、すばゆりやゆりあんは選ばなかった。かといって本編でミリオンスターズとの絡みは見ているので、じゃあ誰かというと765オールスターズの誰かになると思ったのだけど、その中で、思春期真っ只中の百合子の悩みを聞いてあげられる大人ということで、自然と音無小鳥との絡みが浮かびました。

 雰囲気としては新海誠監督の『秒速5センチメートル』を目指した感じで、かつて綺麗だと夢見た光景が今は薄汚れて見えてしまって、そんな自分を嫌悪している百合子に、大人らしい落ち着いた物腰で救いの手を差し伸べてあげる小鳥。社会の酸いも甘いも知っただろう大人の彼女だからこそ、先の見えない未来に思い悩む少女に新たな可能性を拓いてあげられる。

 なんというか、僕自身社会に出ていろいろと苦労したり、そうして見えなくなってしまったものや、逆に見えてきたものがあって、そういう大人と子供の視点を重ね合わせた作品になったと思うので、考えれば『今の自分』でないと書けなかった作品なのだと思う。こういう作品を書けてよかった。

 主筆のサカミネさん、改めて、こういう作品を書く機会を頂けて本当にありがとうございました。

 次。「時計草」にて頒布された『風が運ぶ路』に寄稿させていただいた『ウォーキング・ウィズ・ミリオンデッド』という短編のお話。

www.pixiv.net

 一応自サークルでの頒布なのだけど、相方のかみやさんが出した頒布物に寄稿させて頂くという形で書いたミリオン×ゾンビという作品。一見異質な作品に見えるけどきちんとミリオンライブのエピソード内に元ネタはあって、そのあたりはきちんと二次創作という体を取っているつもり。

 かといって参考にしたのがロメロの『ゾンビ』とか『ドーン・オブ・ザ・デッド』とか『ウォーキング・デッド』に『ゾンビランド』なのでぶっちゃけミリオンライブ要素よりゾンビ大好き精神の方が上回っていると思う。それについては反省。とはいえ「もし、ミリオンライブのアイドルがゾンビアポカリプス」のような非常事態に巻き込まれてしまったら」という状態でシミュレートしたつもりなので、キャラクターの行動原則自体は守れているのかなと思っている。何もできなかったいたいけな少女が、愛しい人の死を超えて、自ら生き延びることを選択して、それでも失われそうになった希望のさなか、暗闇に光る星を見つけて、自らも輝ける希望の存在になろうというお話なので、一応、アイマス的な原則は守ろうとしている。と思う。

 とにかく、アイマスという世界でゾンビアポカリプスをやりたかったのでそのあたりは楽しく書けた。本当は高坂海美との絡みでバディもの形式に書きたかったのだけど、一応百合子本ということで断念。うみみとゾンビの組み合わせ、絶対に面白いと思うので機会を見つけて書きたい。

 とりあえず、今のところはこのくらいで。次に参加するイベントなどは未定なのだけど、やっぱり二次創作や同人活動はとても楽しいのでミリオンライブ含めいろいろと継続していくつもり。個人的にはFGOで書きたいのだけど、何をやるかもどうしたいかも決まっていないのでその辺も考えていきたい。

 何か合同のお話ですとか、小説を書く案件などありましたらお気軽に連絡ください。お返事させていただきます。

【告知】5/20(土)開催ISF3にて頒布予定の『風が運ぶ路』に短編『ウォーキング・ウィズ・ミリオンデッド』を寄稿させて頂きました。

 先日に引き続き告知です。

 主筆のかみやさんにお誘い頂きまして、2017年5月20日に開催される「IDOL STAR FESTIV@L 03」にて、サークル「時計草」で頒布予定の新刊『風が運ぶ路』に、短編『ウォーキング・ウィズ・ミリオンデッド』を寄稿させて頂きました。生きる屍が蔓延る終末世界にて、七尾百合子が生き延びる小説です。冒頭二ページをサンプルとして掲載させていただいております。よろしくお願いします。

www.pixiv.net

【告知】5/20(土)開催ISF3にて頒布予定の「七尾百合子カップリングSSアンソロジー『百合の百束』」に短編『涙の跡が乾く前に』を寄稿させて頂きました。

 告知です。

 主筆のサカミネさんにお誘い頂きまして、2017年5月20日に開催される「IDOL STAR FESTIV@L 03」にて頒布予定の「七尾百合子カップリングSSアンソロジー『百合の百束』」に、短編『涙の跡が乾く前に』を寄稿させて頂きました。

 アイドルとして活躍し始めてしばらくした七尾百合子が、何処か満足出来ない日常に鬱屈してしまい、その胸中を音無小鳥に吐露する短編です。

 冒頭4ページをサンプルとして公開させて頂きます。
www.pixiv.net

ISF2お疲れ様でした。お礼の代わりに

 ISF2参加された方々、サークル参加者一般参加者の皆様お疲れ様でした。僕自身は不参加だったのですが、ツイッターで観ていた様子からは大盛況の様子が見られて嬉しかったです。しかも、当サークルの本が完売という報告を聞いて驚きました。まさか自分の書いた本が完売するなど思ってもみなかったので、多くの人に物語を届けられたことに嬉しさを感じる反面、逆に若干の不安に苛まれたりもしています。ともかく、嬉しい気持ちのほうが勝っているのでその辺りは素直に感謝の気持ちを述べたいと思います。皆様本当にありがとうございました。*1

 大正浪漫×ミステリという、二次創作とは言え今まで全く書いた事の無い、そもそも興味も薄いジャンルのお話だった為、かみやさんからお話を聞いた時には書けるかどうか不安で、実際書いている途中も本当に面白いのかとか、色々四苦八苦しながら書き進めていたので、そう多くも無い分量の割にはかなり苦労して書き上げました。しかし自分自身、全く埒外のジャンルに挑戦して書き上げたこと、出来はともかくある程度の物語として成立させられたことに関しては確かな達成感を覚えています。勿論二次創作ですので『アイドルマスター ミリオンライブ』という物語、もとい七尾百合子を初めとしたキャラクターたちの助けが無ければ書けなかった物語なので、そのことはしっかり心に留めておきたいと思っています。あとは手にとって頂けた読者の方からどういった感想を頂けるのか、不安でありながらも楽しみにしています。

 自分自身の本分は一次創作で、あくまでオリジナル作品を完成させることに注力したいなと思っていますが、二次創作や同人活動も出来るだけ頑張っていきたいと考えています。創作に関しては色々と行き詰まることばかりで、悩むことも多いのですが、凝り固まった精神に風を通す意味合いで、さまざまな作風にも挑戦したいので、その辺り同人活動は自分が成長するのに良い土壌なのかもしれないなと感じています。とにかく、書いていく。色々理論立てとか口先とか、創作論とかを言いわけにする前に、とにかく自分の思ったことを様々な形で創作として出力していく。それがここ最近で学んだ一番の創作哲学なので、一次創作も二次創作も頑張っていきたいです。おそらくまだまだアイドルマスターやミリオンライブの二次創作も書くとは思うので、その際は是非ともよろしくお願いします。

 

*1:残念ながら買えなかった人や、地方にお住まいの方の為に、電子版の販売も検討していますので、お待ち頂ければ幸いです。

【告知】11/3(木)ISF2参加予定。アイドルマスターミリオンライブ小説本『大正文学少女奇譚』頒布します。

 告知です。11/3(木)に開催される「IDOL STAR FESTIV@L 02」にてアイドルマスターミリオンライブ小説本『大正文学少女奇譚』頒布します。表紙絵、挿絵はかみやさん(@kamiya_oekaki )、本文は僕が担当しています。価格は六百円を予定、サークル名『時計草』にてスペースはC24ですので、参加される方は是非ともお立ち寄り下さいませ。サンプルはこちらになります。
www.pixiv.net

 内容としては、大正時代を舞台にとある青年と七尾百合子が、帝都の日常に潜む奇妙な事件を解決していく大正浪漫風ライトミステリです。そもそも、僕はかみやさんの本にちょっとした文章を寄稿する予定での参加予定だったのですがいつの間にか全く書いた事の無いミステリやら大正浪漫を担当する羽目になり、気がつけば三万字超書かされていたと言う奇妙な経緯。何かがおかしい。それはさておき、初めてのジャンルの割にはなかなか良い作品に仕上がったのでは無いかとは思っているので、是非お手にとって見てはいかがでしょう。ちなみに全年齢対象の作品なので、帝国陸軍軍部の陰謀とか帝都地下に張り巡らされた呪術式とか、超伝奇じみたそういうのは無い。本当はそういうのを書きたかった。

 暴力衝動を抑えながらよいこのためのこころあたたまる小説を書いたので、一次創作のほうにこの鬱憤を晴らそう!